京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Apr 18, 2006

花筏


 京の街の散策で、日本を含め、他の都市を巡るそれとの違いは、美しい川に接することができることです。鴨川など、他の大都市の川と違って中流に位置しているため、流れは速く、水は澄んでいます。水鳥はすぐ目の前で羽を休め、流れには淡水魚が透見されます。流れゆくせせらぎの音と、清浄な水の匂いが、私たちの心のもっとも深いところに、言葉に尽くせない真実を語りかけてきます。
 今年の桜もその季節を終え、その水面に身を横たえます。私たちはこれを、花筏と呼んで、短かった季節に別れを告げるのです。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home