京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

May 2, 2011

東京1泊2日、ミニ・グルメツアー

 久しぶりに上京しました。今回は学会とかでなく、井の頭自然文化園にいる「象のはな子」に会うだけが目的でしたから日程はゆったりでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E3%81%AE%E9%A0%AD%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%96%87%E5%8C%96%E5%9C%92

 はな子1947年、タイのバンコク生まれです。多分これを読んでいる誰よりも年をとっています。日本の象では最年長です。京都植物園の飼育員さんのお話では、動物園の象の寿命は30〜40年といいますから、ダントツ日本一です。今では歯が衰えて一本しかなくて、流動食で生きているそうです。いつ急変して、ということになるかも知れないので、前々から一度見ておきたいと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。今回はそのために上京しました。
 それにしても、目に見えないところで、日夜苦労している飼育員さんたちのご苦労に頭が下がります。仮にはな子が30年で死んでいても、誰にも何も言われないのですから。他人からみれば、ただの自己満足かもしれません。はな子にとっての最良の環境について、研究を続ける園の関係者さんたちの苦労が、今のはな子を見てよくわかります。まだごらんになったことのない方がいたら、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。仕事とは何か、自分が生きていることにどんな意味があるのかと、考えさせられます。金や女(男)やファッションや、以外のことに生きる目的をもっている人がたしかにいることを知るだけでも、心洗われる思いがすることでしょう。入場料は400円です。
http://www.flickr.com/photos/7294954@N02/5669438609/

 はな子に会った後は銀座へ。東京の地下鉄は節電のためにエスカレーターがのきなみ止まっていて、長い階段が辛い。それと、夜の銀座の街が暗い。震災前が明るすぎたのかも知れませんね。それと銀座の街には休日でも、外国人の姿が見られない。中国語が聞かれません。中国語なんて聞かれなくてもいいけど寂しい。彼らは明るくて、金を持っているから。

 夕食を三越裏の「みかわや」さんでいただきました。創業昭和23年ですから、はな子といい勝負をします、場所柄、高いですが、サービスもお料理も非の打ち所がない。斜に構えてハンバーグ・ステーキをいただきました。これが美味しい。普段「美味しい」という表現を、どんなときに使っていますか? テレビの無責任な料理番組は、ハンバーグと言えば、判で押したように、「肉汁が、肉汁が」とばかみたい。「みかわや」さんのハンバーグは、外がカリッと焼けていて、ナイフを入れても、肉汁は出ません。乾いた感じの食感があります。でも、肉のいやな匂いはなくて、ベチャベチャした感じがない。今まで、何を食っていたのかと、初めてハンバーグの味を知らされた気持ちです。肉の選択から、高温での調理の仕方まで、その厳しさが味と値段に滲み出ていました。多分子供さんでも、ご老人でも大丈夫です。子供に100円の焼き肉食わしてる場合じゃあないなあと思いました。
http://www.ginza-mikawaya.co.jp/

 翌日は浅草と銀座の喫茶店でした。
 浅草ではもちろんオレンジ通りにある「アンヂェラス」(03-3841-2208)です。昭和21年の開業です。コーヒー(530円)が美味しい。ケーキが豊富で美味しい。私はいつもお店の名前にもなっているアンヂェラス(320円)です。小さいロール・チョコレートケーキで、黒と白があります。どちらも美味しい。とても気楽なお店で、寛げる。外に並んでいるお客さんをよそ目に2時間たっぷり休憩してしまった。一人で4人掛けを使っても、忙しいときに長居をしてもお店は知らんふりで、余裕の接客です。月曜がお休みですから、ご用心を。
http://www.asakusa-umai.ne.jp/umai/angelus.html
http://zyunnkissa.blog85.fc2.com/blog-entry-71.html
http://www.asakusa-monjayaki.com/asa_guide/okiniiri/backnumber/04/

 銀座では「壹眞(かづま)珈琲店」が素晴らしい。第一店は東京の喫茶店の本場とも言える、神保町にありますが、銀座では並木通りと中央通りにお店があります。ブレンド・コーヒーが1300円ですから、スタバとはレベルが違います。中央通り店(03-3572-0721)へ行きました。銀座4丁目から5丁目に向かって歩くと左手にあります。店内は美しくて清潔です。店員さんが静かで、とにかく音をたてずにサービスするのが気持ちいい。というか、店員教育の厳しさを忍ばせる。余分なおしゃべりは一切しないし、店員同士が雑談をしている場面もない。
http://www.hh.e-mansion.com/~kazuma-cafe/

 東京へお出かけの祭は、是非彼女をいいお店に連れていってあげて下さい。男が上がりますよ。ものの値段は高ければいい物だ、とは言いません。しかし、高いけれども、その理由に納得できるものにお金を使いたい。一生、自分の身体に刻印されて、どこかでハンバーグを食べたときに、違いがわかる男(女)になれると思います。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home