京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Feb 21, 2007

祇園の狸 Women of Kyoto


A lady owner of an old Gion cafe tells how to enjoy coffee.
昔ながらのなりわいと、現今の観光の交差する祇園町のとある一角に、古い喫茶店があります。創業以来コーヒーの値段が変わっていないそうです。数年前、ある旦那が2人の芸妓・舞妓を伴ってお茶を飲んで、会計をする際、「安いなあ」と言って、1万円札で支払い、お釣りをもらって店を出た後のこと。店のママの言うには、「あのお方は祇園の遊び方を知りはらへん。安いなあと思わはったら、釣りはいらんさかい、またこの妓らが来たときに、お茶ごちそうしたって、と言うのが男はんのやりようどす。」と、吐き捨てていました。
 別のある日、すこし新しい祇園の他のカフェでその話をしました。すると、そのカフェのマダムが言うには、「あの店のコーヒーはインスタントやで。裏で作ったはったわ・・。」それを聞いて、一瞬凍りました。
 恐ろしや、京に生きる女の強さと自負。はたまた祇園の古狸。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home