京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Mar 21, 2007

招き猫


 Found an inviting cat figure on a roof। Lucky cats are popular in Japan but one on the roof is quite rare।

 日本人は招き猫が好きです。食堂や銭湯、その他お店の店先などに気がつけばさりげなく、私たちをみつめる姿に目が止まります。猫好きならずとも、一家に一 体くらいはお持ちではないでしょうか? 最近では日本以外のアジア諸国でも売られて入るようで、とくに中国ではまるで自国のオリジナルのような待遇です。
  招き猫の起源は170年前の江戸にあると言われていますが、 「中国の古代に、猫が顔をこする際に前足が耳よりあがると客がくるという俗信が記録されて」いるそうですから(http: //www.khmhm.com/nako11.html)、発想はやはり中国ものなのかも知れません。わが国では猫そのものが大陸から伝わったのが奈良 時代のこととかで、平安時代の宇多天皇の日記「寛平御記(かんぴょうぎょき)」に飼い猫の記述がみられるようです。
 宇多天皇が奇跡の即位に至る 以前、その不遇をかこつ相手が、飼っていた黒猫だったということで、猫は帝位を呼ぶラッキーなペットであったということになりそうです。宇多天皇が重用し たのが他でもない菅原道真公でした。管公が猫を愛したという記録はありませんが、管公を慕って太宰府に飛んだという飛び梅の咲く菅大臣神社のすぐ近くの民 家の屋根に、珍しい招き猫が鎮座しています。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home