京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Aug 13, 2009

犬も歩けば

 スタバで。新京極のスタバはトイレがひとつしかなくて、大抵待たされます。昨日も待っていると、どうも中から話し声が聞こえます。店内の声を聞き間違え ているのか、中で独り言でも言っているのか、と少しく訝っていました。用を済ませてご婦人が出てきたので、入ろうとすると、何と、もう一人女性が出てきま した。最近の女性は二人で一緒にトイレに入るのでしょうか? 素朴に疑問。

 タクシーからインド人風のエトランゼが3人で降りてきました。インド人はドアを手で締めました。インドのタクシーは自動ドアになっていないので しょう。中国でも自動ではなかったような。そして、3人のインド人は、黙って近くのインド料理店へ入って行きました。京都にいるのなら、日本のお料理を食 べに行けばいいのに、とは余計なお世話ですね。粛々と面白い光景でした。おっと、居酒屋を含めその辺の妖しい日本料理店へ行けば、中国の冷凍食品を食べさ せられること、インドの人たちは知っているのかも知れませんね。それなら、日本人よりずっと賢いことになります。

 三条通りにあるマックで。因みに関西では「マクド」と「ク」にアクセントを置いて発音します。一人の男性が入ってきて、「喫煙席ないの?」、す ると若い女性の店員が、「はい、全席禁煙です。」と応対して、さらに「それに三条通は禁煙ですから」と、とどめを刺しました。煙草を吸いたかったお客さん にはお気の毒ですが、淡々と三条通が禁煙だと告げる店員もなんだか生真面目でおかしい。京都ってすごい、と思いました。

 昨夜、夜の8時過ぎにバスを待っていると、バス停の前を、空のMKタクシーが、何と16台も続けて通り過ぎました。同じ会社の空車がそれだけ続 くのは、あまり見かけないことで不思議でした。車庫へ帰るにしてはバス停を見ながら客待ち顔の運転だし、ひょっとしたら、修学旅行の高校生を降ろした帰り だったのかなと考えたりしました。MKは修学旅行と結構契約しているみたいだからね。

 祇園のお好み焼き屋さん(お好み焼「かな」075−561-4529 )で、友人といろいろと注文して食べていると、カウンター内のお兄さんが、「すいませんが、お待たせするかもしれません。」と言います。別に急いでいるわ けでもなかったので、「いいですよ、ゆっくりで。」と応えると、「ものすごいスピードで食べておられるから。追いつかなくて」と言われました。確かにお腹 も空いていたのですが、そんなに速く食べているつもりはなかったのですが。カウンターのお店で、そんな風に言われたのは始めてだったので、ちょっと感動し ました。お兄さんの真面目な姿勢に。
http://kahoku.blog5.fc2.com/blog-entry-285.html

 別に珍しくない話かも知れませんが、四条通りにある「さくら水産」(075-254-2140)という居酒屋さんが、お昼の定食を出していま す。メニューはメインの2種類を選ぶのですが、面白いのは、生卵と、ご飯と、味噌汁と、味付けのりが食べ放題です。私は小食なので、玉子は一個でいいし、 ご飯もお代わりはしませんが、お腹を空かせた方には、夢のような?ランチかもしれません。500円です。
http://www.teraken.co.jp/store/2006/09/post_130.html

 梅田のソフトバンクで、いかさまじゃんけんで、マックのコーヒーのただ券をくれました。10枚くらいもらったので、しばらくマックに縛り付けら れることになりました。マックは商売上手い。で、ここからがせこい話です。四条通りのアイギフトという切符屋さんで、マック・カードを買うと475円で す。額面500円ですから25円お得。アイギフトが一番お安いようです。このカードをもって、マックに行き、100円マックを注文して、例のコーヒーのた だ券を使って、マック・カードで精算したら400円おつりがきます。ハンバーガーとコーヒーで75円、というせこいお話しです。はは。
 
 過日財布を紛失したことがありました。スラックスのお尻のポケットに入れてあったのに、家に着いたらありません。それからが大変。クレジット カードや、銀行のキャッシュカードが一緒だったので、直ちに理由を言って取引を中止します。現金はともかく、カード類を無くすのは痛い。それが2〜3日後 に、京都の大丸百貨店から電話があって、財布を預かっているとのこと。驚きました。拾われたら、現金を抜かれて、カードを悪用されるものとばっかり思って いたので、狐につままれたよう。受け取りに行くと、トイレでお掃除の係の人が見つけてくれたとのこと。落としたときのそのままで返って来ました。お礼をし たいと申し出たのですが、お掃除の係とは言え、従業員ですから、お礼を受け取ることはできない、とのことでした。それにしても、大丸ってすごい、と思いま した。高島屋だったら、返って来なかったのでは、と思ったのですが、いかがでしょうか。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home