京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Dec 23, 2008

英語の授業は英語で?

中国の輸出額は世界1位だそうです。貿易額も世界2位とかで、かたや日本では一流と言われる企業が従業員の首切りに血道をあげていて、国民の生活を守るの が使命のはずの政府は全く無策・無能、安心して年も越せない人がどれほどいるのやら。こんな国を経済大国とは呼んで欲しくない。中国の人と接して、また同 国を旅行して誰もが気付くことは、女性が働くことがあたりまえという意識です。日本では、農家や自営業を除けば、女性は結婚して「家庭に入る」のが普通の ことのように考えられています。生産に従事する人口の差は甚大で、今後も中国がその国力を増していくことは火を見るよりも明らかです。
 日本人の女性と結婚したアメリカ人の男性の感想です。「日本の女は、自分は働かないで、嫉妬心と猜疑心ばかりが強い。日曜も子供と一緒に過ご せと言って、まったく自由に生きられない。まるで地獄だ」と。ガイジンと付き合いたくて、英会話を習って、本国では落ちこぼれで、就職もできないし女もで きないアメリカ人にぶら下がって喜んでいる日本の女性をよく見かけます。
 英語を学ぶことは、今では世界を学ぶことです。言葉を通じて、異文化に接し、理解を深めることです。外国語の学習では、何よりも「読み・書 き」が重要で、今文部科学省の言っている、「英語の授業は英語で」、なんて、単なる形式論でまったく無意味としか言えません。言葉は、会話ができても、読 み・書きができなければ文盲です。アメリカでは乞食でも英語を話します。話せても、読めなければ、真に外国の文化に触れることはできません。大切なのは中 身です。アメリカ贔屓の日本の新聞や週刊誌やテレビの解説等を、自分の意見のように思っていては、国際社会では孤立します。並の英会話の能力だけでは、よ り深い国際的・人間的理解に到達するのは難しいのです。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home