京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Jun 7, 2011

国旗・国歌

 国旗や国歌に、誇りを持てて、知らず知らずに口ずさむような、内からの息吹があるならば、誰も抵抗なんてしない。それを強制するように条例を定める愚かさには、心底あきれかえる。「日の丸」も「君が代も」史上最悪の、おぞましい記憶を伴っていることは、否めない。

 9才のエディット・ピアフが、路上で歌わせられる「ラ・マルセイエーズ」に泣けた。映画がどれだけ実話に忠実なのかは知らないけれど、恵まれない生い立ちのフランス人の少女が生活のために歌うその歌に心が動いた。
「君が代」とは違う。絶対王政を倒して革命を成功させて、世界の範となった国民の誇りに満ちています。歌詞を下に挙げました。ブランドしか知らない人には、フランスのイメージが変わるかも知れませんね。それにつけても「パリ祭」がロマンチックなお祭りだと思っているおめでたい日本人がいるのには、いつもあきれます。「パリ祭」という言葉はありません。戦前の検閲を恐れた当時の映画人がつくった嘘です。革命記念日が正しい呼び名で、パリの街では軍のパレードなどが行われます。
 1.
いざ祖国の子らよ!
栄光の日は来たれり
暴君の血染めの旗が翻る
戦場に響き渡る獰猛な兵等の怒号
我等が妻子らの命を奪わんと迫り来たれり

<リフレイン>
武器を取るのだ、我が市民よ!
隊列を整えよ!
進め!進め!
敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!

2.
奴隷と反逆者の集団、謀議を図る王等
我等がために用意されし鉄の鎖
同士たるフランス人よ!
何たる侮辱か!何をかなさんや!
敵は我等を古き隷属に貶めんと企めり!

3.
何と、我が国を法で縛ろうというのか!
何と、金で雇われた傭兵共の集団で
我等の誇り高き戦士を打ち倒そうというのか!
我等を屈服せしめるくびきと鎖
我々の運命を支配せんとす下劣な暴君共よ!

4.
打ち震えるがいい、暴君共そして反逆者等よ
恥ずべき者共よ
打ち震えるがいい、恩知らずの企みは
報いを受ける最後を迎えよう
国民すべてがお前達を迎え撃つ兵士なり
たとえ我等の若き戦士が倒れようとも
大地が再び戦士等を生み出すだろう
戦いの準備は整った

.
我等がフランス人よ、寛大なる戦士たちよ
攻撃を控えることも考えよ
我等に武器を向けた事を後悔した哀れな
犠牲者達は容赦してやるのだ
ただしあの残虐な暴君と
ブイエ将軍の共謀者等は別だ
冷酷にも母体を引き裂いて生まれ出でし
暴虐な虎共には容赦無用なり!

6.
復仇を導き支えるのは神聖なる愛国心なり
自由よ、愛しき自由よ
汝を守る者と共にいざ戦わん
御旗の下、勝利は我々の手に
敵は苦しみの中、我々の勝利と栄光を
目の当たりにするだろう

7.
我々は進み行く 先人達の地へ
彼等の亡骸と美徳が残る地へ
延命は本意にあらず
願わくは彼等と棺を共にせん
取らずや先人の仇、さもなくば後を追わん
これぞ我々の崇高なる誇りなり

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home