京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Dec 10, 2011

京都市左京区・浄土寺周辺

 京都市左京区の浄土寺には住宅街です。白河通りが南北に走る静かな町で、大文字山を望む、銀閣寺や桜の名所の哲学の道の近くで、秋には真如堂の紅葉で賑わいます。京大へもほど近くて学生街でもあります。白河通りと交差して東西に走る今出川通り沿いには学生御用達のレストランが多数あって、安くておいしい食事ができます。因みに浄土寺は町名ですが、浄土寺というお寺は今はありません。元浄土寺の敷地に今は銀閣寺が建っています。

 白河今出川の交差点を下ってゆくと白川通りの西側に最近 「Cafe Barton」という小さな喫茶店ができました。店内には今では珍しい Aladdin の石油ストーブがあって省電力の昨今現役です。店内壁面に飾られた絵画は何と、よ~く見るとレプリカではなく本物!でした。松山出身で、東京芸大に学び、晩年を京都で過ごした安藤義茂の作品で、Cafeの隣がGalleryになっていて展示、販売もしているとのこと。学生街の喫茶店です。ついでながら、白河通りを挟んで向かいにはジュリー(沢田研二)の実家があります。以前は修学旅行の高校生が写真を撮っていましたが最近は世代交代でグッと減りました。それでもジュリーが里帰りする折はファンが殺到します。「沢田」という表札が出ています。

 Cafeの横を西に入ると「カレー屋プーさん」(075-761-6243)があります。雑誌などにも紹介されましたので、ご存知の方もおられると思います。私は行ったことがないので、残念ながらコメントできません。
http://kare-ya-pu3.com/

 白河通りを数軒下ると「北白川熱帯園」という熱帯魚屋さんがあって、懐かしいチューリップ形の金魚鉢を売っていて、微笑ましい。昭和レトロというか、まだあるんですねえ。さらに通りを下ると「サノ写真館」という小さな写真屋さんです。ウィンドーにリカちゃんを飾ってあって、近寄ってみると、店内でリカちゃんの衣服を売っています、ということです。手作りなのでしょうか?

 さらに下ると新しいお店で「ちょっとフランス」(075-741-6244)というフレンチのお惣菜屋さんがあります。珍しいですね。お持ち帰り専門のフレンチのお店で、キッチュを一点とかお持ち帰りできます。フレンチ仕立てのお弁当も売っています(750円)。残念ながら店内でお食事はできません。
http://c-furansu.com/

 さらに下ると「山田ベーカリー」を過ぎて京都市バスの錦林車庫(きんりんしゃこと読みます)に着きますが、春秋のラッシュ時この停留所から北行きの17番(今出川→河原町→京都駅行き)に乗ると坐れます。何しろ始発停留所です。銀閣寺道の停留所から乗るとギュウギュウ詰めで坐るなんて夢のまた夢です。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home