京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Dec 13, 2011

「瑠璃色の地球」

NHK の「Songs 」で松田聖子の「瑠璃色の地球」を聴きました。
 この歌は私が松田聖子を好きになった曲です。初めて聴いたとき、泣けるくらい感動した。
http://www.youtube.com/watch?v=sgWYO7sTDRQ&feature=fvst

 一方、同じ番組で新曲の竹内まりや作の「特別な恋人」を歌っていました。が。こちらは全くの駄作。「青春」とか「愛」とか「恋」とか、いわゆる定型語句の連続で、新鮮味も感動もない。表現も内容も古くさくて小さい。

 「瑠璃色の地球」は何度聴いても大きくて、日本の他の歌曲に乏しいロマンを感じます。一人の男や女の愛や恋やに止まらないスケールがあると思う。世界を震撼させた巨大な震災の後だから、なおのこと、「ひとつしかない地球を守りたい」というメッセージは強くて、普遍の美を放っています。あれだけの地球的災害の後でも、私たちの政府や、わが国の企業は、経済や競争力やを口実に、まだ原発に依存していく心づもりです。恥ずかしいことです。

 因みに「瑠璃色の地球」は最近手嶌葵がカバーしてCMに使われて話題になっています。こちらもいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=HqMASvDyrVQ

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home