京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Nov 4, 2008

ざんげの値打ちもない

 北原ミレイという歌手がいます。故阿久悠さんの作詞した「ざんげの値打もない」という地味な名曲があります。その歌詞のなかで、4番だけが、録音の際に 削除されて、北原ミレイ本人の記憶の中だけに残っていました。最近某テレビ局の番組で、それを歌っていたので、その歌詞を書き付けました。

とうに二十歳も過ぎた頃
鉄の格子の空を見て
月の姿が寂しくて
愛というのじゃないけれど
私は誰かが欲しかった

 当時の世情では、収録不可能と判断されたのも無理からぬ内容です。今なら多分OKかなと思いますが、内容は鮮烈で、こんなに深い歌だったんだと、聞き惚れました。
 「ざんげの値打もない」、人のことだと思って、可哀想になんて思って終わるのですが、「ざんげの値打ちもない」のは、実は自分のことだと、思い至る人は、まだ救える余地があるのでしょう。
 

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home