京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Nov 11, 2009

MIYAKO HIRAOKA

昨今の新聞は、島根の女子大生殺人事件と、英国人英語講師殺人事件のふたつに占拠されているような状況で、婚活の男性連続殺人?や、森繁久彌さんの死亡記事が小さくなってしまっています。

 島根の事件では、被害者が寂しい帰り道が気味が悪いから、引っ越ししたいと言っていた矢先の事件だったようです。新聞の記事を見ているだけで も、本当に物騒な気配です。車で送ろうかと声をかける狼が横行していたのではないかと、勘ぐってしまいます。今ではそんなことはないと思いますが、私が大 学生だったころ、まだ「車」がナンパの必須アイテムだったような時代があって、近鉄沿線の某女子校の前には、下校時間になるとズラリと自家用車の列ができ たと同校に通っていた生徒が言っていました。誰でも車にさえ乗っていれば、女子高生をナンパするのは、謂わば「入れ食い」状態でした。島根の、そんな寂し いロケーションなら、普段から、車で送ってもらえるなら、と油断してしまう女学生もいたかも知れません。

 気になったので、MIYAKO HIRAOKAを漢字、平仮名、ローマ字で検索してみたのですが、MIXIでは一件もヒットせず。ところが、Facebook で一件ヒットしました。残念ながら、プロフィールが非公開で、どこの、何歳くらいの人かも知れず、単に同姓同名なのかもわかりません。万が一にもあっては ならない事件ですが、その万が一の時を考えれば、手がかりとして名前と簡単なプロフィールくらいは、オープンにしておくのもいいような気がします。

 取りあえず、島根県警に情報をお伝えしたのですが、単なる同姓同名だったら、その方にご迷惑になったかも知れません。お詫び申し上げたい気持ちでいっぱいです。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home