京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Sep 25, 2009

せこい話

 みみっちい話ですが、困っている時には、本当に困っている。出先で携帯やパソコンの充電切れになり、メールやブラウズができなくなったときのことです。 あと一本メールできたら、という切羽詰まった状況もあります。とくに彼女とメールしているときに、急に充電切れになったら、ありもしない疑いをかけられか ねない、ということもあります。

 いつもマックでコンセントを借りています。マックでは、自由にお使い下さい、と書いたコンセントが座席についています。どこの店舗でもそうなっているのか、については不明です。

 カフェ関係では、まだそこまでサービスは行き届いていません。スタバには自由に使えるコンセントはないようです。いつか京都、蛸薬師のドトール でお掃除用?のコンセントをこっそり拝借していると、女性店員がやってきて、注意されました。使う自分もせこいが、お店もみみっちいと思いました。以後、 二度とドトールではコーヒーを飲みません。最近はマックの120円コーヒーが美味しいしね。

 喫茶店では、京都三条河原町下がるの六曜社では、店員さんに頼めば、コンセントを貸してくれるようです。他のお店については、試したことがないのでまったくわかりません。

 コンセントではありませんが、木屋町四条を上がったところにある、エワズという変わった名前の喫茶店で、つい居眠りをしていたら、お店のママに 叱られました。まるで、ファミレスみたいで寛げないと感じて、そのお店にもその後は行っていません。2階のお店で、高瀬川を見下ろす窓辺の席が好きだった のですが、残念。コーヒーを飲んでいても、見張られているように感じさせるお店は苦手です。さすがに木屋町四条下がるにあるフランソア喫茶室や、寺町三条 上がるにあるスマート珈琲店などではそんなことはありません。京都の老舗のよさを感じさせられます。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home