京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Sep 12, 2009

ペットフードと六花のランチ

 ペット・フードを食べる人がいます。それが好きだと言う人もいます。私は食べた事がないので、おいしいかどうか、何も言えません。ペット・フードという のはペットのための製品で、これを人が食べることをとやかく言うのも変かも知れません。その人の勝手だろう、というくらいのことでしょうか。ペット用です から、砂糖や塩は多分控えめで、ヘルシーな印象もあるところが怪しいところです。
 ひとつ気をつけないといけないことがあります。ペット・フードは、ペットのための食品なのですから、人間の食品には使えない保存料や添加物な どが使われている可能性がある、ということです。それが原因で何年か後に肝臓癌になっても何の保障もない、ということです。身に覚えのあるお方はお覚悟召 されい。

 よく道ばたで売っている産地直送の野菜や果物はどうでしょうか? 少し形が悪かったりしますが、味も栄養も、スーパーで買うものと同じだと言われて、安さにつられて、つい買ってしまうことがありませんか?
 盲点は、農協を通さずに販売されている野菜などは、売っているおじさん以外誰もその品質に責任をもっていないので、通常流通している商品の栽培 には許されていない農薬などが使われている可能性があるということです。正規に流通していない商品は、そのチェックを逃れている場合があるということで す。これはいみじき問題だと思います。

 もうひとつ、養殖のハマチはどうでしょうか? 流行の回転寿司で食べるハマチは多分100%が養殖ハマチです。別に天然ものにこだわらないから、味もそこそこいいから、安いし養殖でもかまわない、という御仁にはそれでいいのですが。
 私の親戚がかつてハマチの養殖をしていました。バブル景気の時勢で結構儲けたようですが、養殖している本人は決してそのハマチを口にしませんで した。養殖魚の網には、無数の魚が密集しており、その不自然な環境下での病気を予防するために、餌と一緒に。考えられないくらいに大量の抗生物質を投与す るのだといいます。それも人間には使用が許可されていない薬品が使われています。「あんなものは食えない」と出荷している人が言っている魚を私たちは、た だ安いからという理由で涼しい顔で食べているのです。お店を見ると、ご家族連れが多くて、子供にも食べさせてますよね。ゾゾゾ。

 携帯にお金がかかるから、食費を節約するという思想は、根本的に誤っていると思っています。高いものを食べればいい、という意味ではありませ ん。普通のものを食べることが、とても大切だと思います。トンカツは冷凍で、付け合わせのキャベツは、いつ刻んだものかわからない、では、それにお金を払 うのがいやになる、という気持ちになるのが普通ではないかと、常々思っています。セントラル・キッチンで、機械で大量に刻んでパックして、冷蔵庫で何日も 保存したキャベツには栄養はありません。キャベツは刻んだ面から傷んでいきます。ビタミンは失われて、酸化が進みます。今、目の前で、包丁で刻んだキャベ ツのピシピシとした食感を、彼女にプレゼントしてあげたいと、思いませんか? 幸せとは、そういうことの積み重ねだと思います。

 繰り返します。おいしいものを食べる、ということと、高いものを食べる、ということは同義ではありません。安くても、ちゃんとしたものを食べさせてくれるお店を、デートのレパートリーに加えておく男は、いい男です。

 三条通りから白川を左手に見ながら、その白川に沿って南へ下って、右に入ったところにある喫茶「六花」(075‐541‐3631)のランチ (¥800)は、おいしいだけではありません。野菜はすべて自家製で、その日の朝収穫したものばかりです。そんな野菜タップリの昼食を一度試してみません か? それとこのお店は知る人ぞ知るコーヒー(¥400)のおいしいお店です。「オオヤコーヒー」というブランドを合わせてお楽しみ下さい。第二、四火曜 と水曜定休です。お店は古川町商店街のすぐそばなので、商店街をブラブラしてから寄ってもいいですね。ついでにお店のママと、美人姉妹がきびきびと働く姿 も、しっかり観察して帰りましょう。近くに明智光秀の首塚があります。怖いものの好きな人は、立ち寄って、手を合わすのも一興と思います。
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/browns_cafe/kyoto34.htm
http://blog.goo.ne.jp/you_sai/e/913802f54f8104ac0a8300794eaa8eb5ペットふー丼

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home