京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Dec 14, 2009

味苑と重慶爆撃

 伏見区に重慶(重庆:Chóngqìng)出身の中華料理屋さんがあります。近鉄・地下鉄竹田駅から歩いて5分くらい、国道24号線沿いにあります。四 川料理・味苑(みえんと読みます)がそれで(075-647-9119)、小さいお店ですが、50人までの宴会もできて、お料理は中国本国の味で、本当に 美味しい。四川料理と聞くと、激辛をイメージしそうですが、決してそうではありません。単菜も各種ありますが、夕食の定食が数種類あって、980円です。 ご存知の方も多いと思いますが、重慶は「火鍋」発症の地で、本場の重慶火鍋(2800円)が食べられます。もともと重慶火鍋は劇辛の垂れでいただくのです が、別に辛くない垂れとペアで召し上がれるメニューも同価格で準備されています。
http://gourmet.walkerplus.com/174260466001/
http://pugeore.way-nifty.com/nonsense/2008/09/post-1e62.html

 京都在住で重慶出身の友人がいます。火鍋についてお尋ねしたのですが、京都では食材が揃わないので、本場の味は味わえないとのことでしたが、味 苑さんは3ヶ月に一回、現地へ食材を仕入れに行っているとのことです。お店の従業員は現地の方ばかりで、シースルーの厨房内では中国語が飛び交っていま す。多分伏見区にはしっかり中国人社会ができあがっているのでしょう。

 重慶市は元は四川省に属していましたが、現在は北京や上海と同じ中華人民共和国の直轄市です。人口32万越えです。内陸にありますが、温暖で雪 は降らないそうです。知らない方も多いと思いますが、忘れてならないのは日中戦争(日本は敗戦国ですから本来は中日戦争というべきです)中の重慶爆撃の史 実です。日中戦争で首都であった南京が陥落して、1938年に蒋介石の中国国民党は首都機能を重慶に移転させた後、日本軍は中国の臨時首都となった重慶に 戦略爆撃、後に凄まじい無差別爆撃を行いました(重慶爆撃)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E6%85%B6%E5%B8%82
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E6%85%B6%E7%88%86%E6%92%83

 重慶爆撃はナチス・ドイツのゲルニカ爆撃や、アメリカの広島・長崎への原爆投下にも似た、非戦闘員を殺戮する無差別・絨毯爆撃でした。中国は 1949年に共産党政権になって、日中戦争に対する国家補償を請求しないと決めました。それは、戦争は一部の帝国主義者の仕業であり、日本国民には罪がな いからだとの配慮からでしたが、もし、中国が本気で保障を求めていれば、おそらく今の日本の繁栄はなかったでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%AB
http://img374.imageshack.us/img374/5968/guernica1937pradomadryt3bx.jpg

 日本人は北朝鮮の拉致問題を大きく取り上げて、憎悪の感情を煽り続けています。しかし、その際にわれわれは、北朝鮮の拉致をはるかに上回る蛮行 を中国、朝鮮で行ってきていることを胸に刻んでおかなくては、問題は正しく解決しないはずです。また日本は2発も原爆を投下したアメリカに対しては、獣に も劣る卑屈な奴隷の姿勢です。北朝鮮よりも、まずアメリカに怒りの矛先を向けるのが、自然な人情のはずです。北朝鮮は国境地帯では中国人に対して、日本人 に対するよりはるかに多い数の拉致犯罪を犯しています。しかし、中国は、それに対して国際問題化する態度をみせていません。中国は本当に大きい国だと思い ます。
http://www.afpbb.com/article/politics/2664534/4922071
http://shinshomap.info/theme/war_compensation.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B%E3%83%BB10%E7%A7%92%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home