京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Feb 10, 2010

びっくりドンキー

 初めてびっくりドンキーに行きました。河原町三条を東に入ったところにあるお店です。時間柄お若いお客さんで混み合っていて、家族連れはいませんでした。以前から気になっていたので、期待したのですが、ある意味予想通りの結果で、まあそれなりに納得しました。
http://www.bikkuri-donkey.com/shop/database.cgi?tid=list2&wildor2=1639

 味はご存知の通りで、私的には、最初で最後の経験になりました。はっきり言って、あのハンバーグは、肉の味がしない。つなぎがいっぱいという感 じです。それとあの味は、内臓や脂身がタップリ入っているようです。はっきり言って、何の肉かわからない、という味です。牛肉の味ではないし、豚肉の味で もない。おそらく、牛や豚以外の獣の肉や内臓をごちゃ混ぜにしているんじゃないかと思われます。つ まり、身体にはお世辞にも、いいとは言えなさそうで す。吉野家の牛丼とか、100円マックとか、同類だと思います。

 ハンバーグは、私の知る限り、京都では、百万遍にある「ジェームズ・キッチン」(075−721−3265)か、高島屋の8階の「東洋 亭」(075-251-1383)で決まりだと思う。ご飯や付け合わせの野菜に至るまで、「本物」を感じさせます。「東洋亭」のトマト・サラダは、是非お 試し願いたい一品です。お値段は「ジェームズ・キッチン」だとハンバーグもライスも小なら630円です。「東洋亭」だと2000円くらい。
http://www.a-dos.ne.jp/gourmet/jameskitchen/
http://www.touyoutei.co.jp/shop/s02.html

 食の基本はやっぱ、スローフードだと思います。誰が、何を材料にして作っているのかが見える、そんな普通の考え方をする大人に、なりたいと思い ませんか? 安いからといって、簡単に飛びつかなくてはならないほど、貧しい時代は、もう終わったのではないでしょうか? すき焼きで有名な、三嶋亭の京 都大丸店の「牛肉丼」は1470円です。これを高いと思うかどうか、微妙なところです。でも本当に美味しいもの、いいものを食べる、と思えば、食は毎日の もの、と考えれば、考え方もかわってくるのではないでしょうか?
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26003613/

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home