京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

May 7, 2010

キューバのこと

 たいへんインテリで英語の堪能なタクシーの運転手のあんちゃんは「キューバには貧富の差がありません。みんな貧乏です」といって笑った。野球のスター選 手もそこらの散髪屋のおやじも給与体系にはまったく差はなく働きに応じて公社から給与が分配され、そうすると誰かより金持ちになるのがいいことだという発 想がうまれない。ずるをするのは後ろめたい。人が困っているとみるとサッと自分のもっている何かを投げだす。

       いしいしんじ「熊にみえて熊じゃない」マガジンハウス p129

 次は京都市伏見区のラブホで掃除のアルバイトをしている、中国人の大学生の文章です。
 部屋の掃除で時々一緒に組む50代の日本人女性がいた。ある夜、2人で掃除を終え、ソファで向き合った。
 離婚して今は一人。一人息子は近く結婚する。つらい思いもさせたから、老後の面倒はかけられない。昼間も別の会社で電話業務。いつか老人ホーム に入るため資金を貯めている、と明かした。
 「老人ホームに入りたい?」。
驚いて身を乗り出した。
 中国ではどんなに貧しく家が狭くても、親は子供が面倒をみるのが当たり前。「家族を捨てる感じですよ。彼女は寂しくないって言ってたけど、信じ られないよ」。後日、従業員室でその女性が菓子パンを一つくれた。翌日、彼女が辞めたと上司に聞かされた。
     
                京都新聞 2010年 5月4日 社会面より


 日本人は自分の子供を虐待しています。身内で殺し合いをしています。
 連日のニュースでは、ギリシャが国家として破産状態です。でも、国民一人あたりの借金は、日本の方がはるかに多くて、ギリシャの次は日本だと言 われています。日本は、すでに立派な破産国家です。

 日本は金持ちの国だとか、日本人は誇り高い民族だとか、根拠のない、希望的な自己満足感を持っていては、進歩はありません。他の国の欠点をあら 探ししては、みみっちい自己満足をしている間に、もう上海に追い越されています。愛知万博の総入場者数はたった2000万人だったこと、もう忘れています よね。今では、中国の金持ちの爺さんが、うら若い日本人の女性を、金で自由にしています。

 一つ二つブランド品を持っているからと言って、自分はリッチな日本人の一人だと、勘違いしていてはお寒い。ユニクロの安売りにたかって、スー パーの半額に血眼になっていて、どこが金持ちなんだと、本当の自分と、本当の日本の姿を知らないといけません。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home