京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

May 17, 2010

京のおそがけランチ

ランチと言えば、寺町三条上ルの「スマート珈琲店」が定番ですが、ちょっとばかりスヌーズして遅れた時には、川端通り四条、南座正面のレストラン「菊 水」(11:00〜24:00, 075-561-1553)を利用します。ランチメニューは洋食で850円、ビフカツと白身魚料理のワンプレートで、スープにサラダ、コーヒーか紅茶が付 いていて、申し分ないです。豚カツやチキン料理でないところが、しぶいというか、京都らしいですね。夜の定食も同様ですが、ビーフステーキになって、 850円です。ただし平日は食事メニューは20:45までなのでご用心を。 南座での観劇のあとの虫養いには、近くてピッタリです。営業は午前0時までで すから、夜遊びの後の遅いお食事にもいいかもね。
http://www.restaurant-kikusui.com/
http://kyoto.hiho.jp/7kyoto-kikusui.html

 正面は四条通り。一面ガラスで明るく、通行の着物やボデコンのお姉さんや、何かしら金持ちそうで怪しいカップルなども見えて、マンウォッチング しながらの、昼下がりの食事です。月に4回、一階で生演奏があります。5月は弦楽四重奏のカルテットで、16日(日)、22日(土)、28日(金)、30 日(日)で、時間は18:30〜、19:30〜 2回です。

 このレストラン、2階はもうちょっと高級なレストランで、3〜4階は120名までの宴会場で、昭和初期のシャンデリアも当時のままで、さらに高 級です。そもそも建物自体が国登録文化財に指定されています。
http://www.arcstyle.com/kyoto/224_kikusui.html

 このお店は、また「菊水ダンス会」の催しもあります。ご興味のある方は、お店に問い合わせてみてはいかがでしょうか? 夏期には屋上ビヤガーデ ンの営業もあるそうです。さらに観劇弁当は、南座で観劇の祭、幕間に劇場までお弁当を届けて下さるサービスです。便利ですね。

 いつも思うことは、グルメ系のブログなどで、うれしそうにレポートして下さるのはいいのですが、お店の電話番号がなかったり、休業日が書かれて いなかったり、アクセスが不明だったり、価格が記載されていなかったり、とイライラすることが多いのですが、なんとかならないですかねえ。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home