京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

May 24, 2010

沖縄、普天間

 かつて、「天皇陛下のために」と言えば、誰もそれに疑問を差し挟むことすら許されなかった時代がありました。兵器、兵力、燃料、補給等、どれをとっても2ヶ月が限度という戦闘力であの戦争に突入して、データ通りの悲惨な敗北を経験して、今度は「戦勝国アメリカ」が絶対。戦前の「天皇」が、戦後は「アメリカ」に変わっただけの、みじめな国民。沖縄は、天皇陛下のための戦争の犠牲になって、戦後はアメリカの思いのままです。日本の国は、国として、何を考えているのか? 私たちは沖縄の悲劇を、誰も理解できない国民なのかと、泣きたい思いがします。鳩山さん一人で、できるわけないじゃないですか。国民の総意で、アメリカに基地を撤去するように命令しないとできないですよ。日本の国土なんだもの。私たちが主権者なんだもの。もうこれ以上、沖縄県民を泣かせておけない、と、国民すべてが心からそう思わなければ、沖縄は救われないのです。

 やっぱり、基本、人間として私たちがどう考えるのか、ということです。沖縄の人々が強制的に土地を取り上げられて65年間。騒音や環境破壊や治安の劣化やに、今も苦しめられ続けているのに、被害者が自分でなくてよかったと思って、だんまりを決め込む日本人の卑怯さは、一体何なんだろう。暴行されたのが自分の娘でなくてよかったと、安心することが何故できるのか。すべて自分の問題なのだと、何故感じることができないのか。鳩山さん一人に責任をなすりつけて、済むと思っていることが、寂しい。同じ日本人なのに。

 日米関係がすべてですか? 本当にそうなのかを、誰も提起しないのでしょうか? 普天間の海兵隊が、沖縄をここまで犠牲にするほど、それほど重要なのか、説得力のある説明がなされているのでしょうか? 

 マスコミは本当に無責任です。鳩山さんが無力だという論調一本です。そうじゃねえだろう。沖縄でなくて、日本じゃなくて、ハワイやグアムに移転できないのかと、問いかけなきゃダメだろ? 沖縄も、それ以外の日本国内も、もうどこも受け入れられないことを、アメリカに対して強く訴える論調にならなきゃダメだろ? そうやって、日本中に国民の総意としての、大きな世論を巻き起こさなければ、相変わらず沖縄と鳩山さんの問題で終わってしまうのは、目に見えています。鳩山さんにばかり依存する社民党のふがいなさには、つくづく情けない。とくに社民党は、社民党らしく、皆が国民の中に出て、毎日、毎日、基地に「NO」という世論を盛り上げる活動をしなければ、社民党じゃないですよね。与党の一員のくせに、鳩山さんを援助するどころか、自分たちは何もしていないのに、自分だけいい子になろうとする無責任は許せるものではありません。

 かつて、こうやって、日本は戦争に突入していったのです、天皇陛下と帝国軍部には、誰も逆らえなかった。多喜二は立派でしたね。同じように、今、アメリカが絶対で、誰もアメリカにものを言えない状況が沖縄を犠牲にしています。日本という国と国民はは、戦前とちっとも変わっていません。

http://satoru99.exblog.jp/12334802/
http://www.liveinpeace925.com/us_base/flyer100418.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/dogwandogwan/60864755.html
http://yukihiro-go.at.webry.info/theme/ccce42a598.html
http://news.livedoor.com/article/detail/4770971/
http://konn.seesaa.net/article/133536608.html
http://blog.with2.net/find_item_cache.php?id=127320980000&key=%A5%AB%A5%EA%A5%D5%A5%A9%A5%EB%A5%CB%A5%A2

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home