京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Jul 27, 2010

森毅先生逝く

 京都大学の名誉教授だった、数学の森毅先生が、火傷から発症した敗血症が原因で亡くなられました。京都大学時代から名物先生で知られて、ファンも多かったことと思います。試験で「カレーの作り方」を書いた学生に単位を与えたとかいう噂も聞こえたような、「京大らしい?」教授でした。「がんばらんでええ」とか、「ええかげんでええ」とか、まあ教育者としては、ユニークな先生だったようです。
 残念ながら、先生の授業は一回も拝聴したことがないので、私としては、直接先生について、とやかく言う資格のないものと思っています。
 遅ればせながら、先生のご冥福をお祈り申し上げます。

 ただ、そんな森先生については、日頃感じていたことがありました。それは、ご自分は東大のご出身で、京大の教授に上り詰めた「勝ち組」の雄です。その先生が、「がんばらんでええ」とか、「ええかげんでええ」とかおっしゃっても・・・と感じていました。多分ご自分は東大に入るために、一所懸命勉強されたはずですし、京大の教授にだって、ぼうっとしていてなれるはずもないと思います。そんな本当のところを、若い人には伝えて欲しかったなあと悔やんでいます。誰でも、がんばらなければならない時がある、私はそう思っている凡人です。特別の才能も、これといった財産もない人なら、どこかでがんばって、人と争わなければならない場面がきっとあって、そこで悔いのない戦いをする、のが「人」というものだと思うのですが。
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2010072500111
http://mumuhime.air-nifty.com/blog/2010/07/post-cb31.html
http://masuda.livedoor.biz/archives/51400620.html

 よく似た話に槙原敬之さんが作って、SMAPのヒット曲になった「世界に一つだけの花」のことがあります。「一番にならなくてもいい」というメッセージは大変結構なのですが、多分、歌手もプロダクションも、お金を使って、一番のヒット曲にするために血眼だったはずです。「いい歌だわ」とほんわかいい気持ちになっている方々には悪いのですが、「一番にならなくてもいい」ということを金儲けの種にするところ、私はいやでたまりません。そもそもSMAP は歌が下手。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home