京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Aug 13, 2010

キャス・キッドソン グッズをゲットする

 ロフト・カードなど、セゾン系カードの永久不滅ポイントで今、キャス・キッドソングッズが交換できます。なんだかセゾンの回し者みたいですが、別に何ももらっていません。景品のグッズが結構可愛いものなので、ご紹介いたしました。交換期間は9月30日までです。
http://www.eikyufumetsu.jp/rc/cathkidston/

 近頃の雑誌の付録ブームは凄まじくて、いかにもそれらしいバッグを、うれしそうに(!)持って歩いている人を、街や車中でよく見かけます。キャス・キッドソン(Cath Kidston )もすでに3回?宝島系の雑誌の付録でお目見えしています。それぞれ可愛いアイテムです。キャス・キッドソンは今年、京都の大丸にも出店して、いつも門前列をなす盛況です。ひとつひとつのアイテムが、ルイ・ヴィトンやエルメスほど高くなくて、どこかノスタルジックで、何より可愛いのが、受ける理由でしょうか。店の前に立ち止まったもう老人といってもいいご年齢ののご婦人が、「可愛い!」と言って、お店に飛び込む姿を何度か見ました。当世的女殺しですね。
http://www.cathkidston.co.uk/

 どうでもいいのですが、キャス・キッドソンは英国のブランドですが、ニューヨークにKITSON (キットソン) というブランドがあります。「ド」と「ト」の違いです。紛らわしい。これも最近雑誌の付録に登場しています。似ていますが、キャス・キッドソンの偽物かと思いきや、そうではなくて本物で、とんと知りませんでしたが、アメリカでは有名なセレブ・ブランドだそうです。
http://hsy1.net/_kitson/15_1.html

 永久不滅ポイントと言えば、貯まった点数に応じて、それなりの景品が準備されていますが、10、000、000点貯めると、(そんなに貯まるわけないだろ!)「プライベートジェットで行くハワイ10日間の旅、4名様分」とか、1400,000点で「スタインウェイ・グランドピアノS−155(椅子付き)」とか、貯めるとすごい景品と交換できます。が、欲張って、貯める途中で寿命がきたりすることも、あるのかも知れません。そら寿命来るわ。
http://www.eikyufumetsu.jp/search.php?pA=100000&pB=0&sort=asc

 セゾン・カードを使う機会のない方には、このカードを携帯電話のお支払いなどに利用すると、知らないうちに結構貯まっています。私はSoftbank携帯の支払いに利用しているので、最近2300ポイント貯まっているとお知らせがあって、しめしめ!キャス・キッドソンとの交換を企んでいます。実はSoftbankは携帯3台を含めて、4口分の契約をしているので、同社には結構ご奉仕しています。孫社長に、
iPADくれ!
と言いたい。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home