京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Jul 30, 2010

夏は夜

 「夏は夜」と言ったのは、清少納言です。確かに、夜しかないかも知れません。そう言いたい気持ちは十分わかるのですが、何分この暑さです。じっとしているだけでじわ〜っと汗が滲み出てくる宵を、少しでも快適に過ごせる方法はないものかと、少し考えてみました。
http://www12.ocn.ne.jp/~f2m-udy/koten_mk/koten_m001.htm

 自宅にもちろんエアコンはあるのですが、使ったことはありません。どうも空調した低温には、身体がついてゆかない、古い体質だからだと思います。そこで、帰宅したら、屋内のムッとする熱気を退治するために、まず窓を開け放ちます。住まいは京都市内のマンションですが、風呂場、トイレを含めて、各部屋に大きな窓があります。そして、屋内にある4基の換気扇を一斉に回します。これだけで室温は一気に下がり、室内に外気が流れて、かなり快適です。自宅が大文字山の麓にあり、大通りに面していないせいもあると思います。
http://www.wendy-net.com/nw/health/reiboubyou.html
http://www.breast-web.co.jp/hint/vol05.html

 水分の補給に、いつも水出しの麦茶をタップリと冷蔵庫に準備してあります。それでも暑い時には、これもいつも在庫のある「イチゴのかき氷」アイスにタップリのコンデンス・ミルクをかけたもの一パックと、冷やしたバナナを一本いただきます。バナナは冷蔵しないのが普通ですが、冷蔵しても何の問題もありません。それどころか、より日持ちするし、虫がつかないし、甘くて美味しくいただけます。アイスと一緒にいただくのは、胃を氷から守るためです。
http://www.byoin.ne.jp/pc/modules/tokusyu/index.php?content_id=172

 居間には、卓上型の小さな扇風機が準備してあって、頭を冷やすのに利用します。

 そして寝るときですが、麻敷きがお勧めです。IWATA(075-241-2332)さんの「本麻パッド 褥(しとね)」が秀逸です。汗を吸ってくれて、しかもべとつきません。自宅で洗濯もできるので、すぐれものです。シングルで30000円とちょっと。一度使うと、決して高いものではないことがわかります。
http://www.iozon.co.jp/items02/post_23.html#more
http://www.iozon.co.jp/

 イワタさんは堺町通三条上ルにあるお店です。河原町通りと烏丸通りの中間の堺町通という渋い通りに面しています。三条通りを上がりますが、逆に下がればすぐにコーヒーの「イノダ」の本店(075-221-0507 7:00〜20:00)があります。イノダのコーヒー (アラビアの真珠)は豆も水も一級で、多分日本一のおいしさだと思います。その他、茅ヶ崎のハム工 房ジローで作ったハムを使ったハムサンドとカレーピラフ(これは本店のメニューにはありません)は、是非一度味わっていただきたい、知られざる京の味覚です。
http://www.inoda-coffee.co.jp/
http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/hon_menu.html
http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/honten.html

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home