京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Aug 25, 2010

都ちゃん、まだかなあ?

 京都ブライトン・ホテルの「チャペル・アクティス」で開催された「アクティス・ドリーム・コンサート」へ行ってきました。
http://www.brightonhotels.co.jp/kyoto/hotelevent/concert/index.html/

 出演は、飯野真美(ソプラノ)、芳野都(ソプラノ)、前田亜由美(ピアノ)の面々で、いずれも同志社大学・音楽学科に在籍されているようです。

 曲目はモーツァルトの「フィガロの結婚」より「お先にどうぞ」に始まって、シューベルトの「糸を紡ぐグレートヒェン」、プッチーニの「ラ・ボ エーム」から「私がこの町を歩くと」、などを歌って、最後に「薔薇の騎士」から「気高くも美しき花嫁に」で締めくくりでした。

 どのナンバーも日頃の特訓の成果あり、聴き応えがあり、特に「薔薇の騎士」はよく練れていたと思いました。さすがです。

 で、最後にアンコール・ナンバーでしたが、芳野都さんが着替えをしていたため、少し待ち時間ができました。そこで場をつなぐ話題に窮した飯野真 美さんの一言が
「都ちゃん、まだかなあ?」
 でした。飯野さんの真剣で、大舞台に?緊張した、心細げな表情が微笑ましく、観客の笑いを誘いました。やがては大歌手になって、国際的なステー ジで、ソロで観客を酔わせる歌姫になる、卵たちの若き日のエピソードになるのでしょう。

 京都ブライトン・ホテル(075-441-4411)の「「アクティス・ドリーム・コンサート」は滋賀、京都、大阪の若手アーティストのため に、定期的に催されている模様です。ホテルは御所の西、中立売御門のある烏丸中立売を西に入ったろころにあります。中立売御門は禁門の変で有名な蛤御門の 北方に位置しています。
 ホテルへは市バスの便は不便なので、地下鉄今出川駅が最寄りです。参考までに新風館に近い烏丸御池の北東からシャトル・バスが1時間3便運行さ れています。
http://www.weblio.jp/content/%E7%A6%81%E9%96%80%E3%81%AE%E5%A4%89

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home