京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Sep 16, 2010

期待はずれの専門店 モダン焼きフジも、やっぱり「食べログ」グループだった

出町柳にモダン焼き専門店があります。Googleで「モダン焼き 京都」で検索すると下記のURLがトップにあります。「モダン焼きフジ」というお店です。初めて行ったのですが、残念、おいしくなかった。メニューは極めて多彩で、110種類の、モダン焼きがあるとお店は豪語しています。とりあえず「モダン焼き(680円)」をオーダーしました。「待たせる」と断っている割に早くできました。
http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260302/26001821/

 まず、粉っぽくて、よく焼けていないためにベチャッとした食感がダメでした。やはり、大量のキャベツを使って、粉を感じさせないのがお好み焼きの美味しさだと思います。キャベツはほとんど入っていなくて、豚肉も探さなければない! それと、やたらソバの量が多くて、しかもこれもよく火が通っていなくて、暖めたソバにソースをまぶしたものを食べている感じです。専門店の味とは認めがたいと感じました。

 また店主が会計時に、「魔法のレストランとか、いろいろ紹介されてますよ」と自慢気に話していたのも、興ざめ。そもそも、今食べた、そのお客さんが美味しいと思ったのかどうか、がすべてで、マスコミがどう言っているかはどうでもいいことです。とくに「魔法のレストラン」で紹介されたお店で、私が行って美味しかった試しは一度もなかったので、そのレベルで満足しているのかと、がっかりしてしまった。
 飲食店の店主たるもの、今目の前で食べているお客さんが満足しているかどうかに注意して、よりよい商品を提供できるよう勉強を怠らないことが大切で、安っぽいマスコミに取り上げられたことで天狗になっているようでは、もう救われないとしか言いようがない。

 このお店、やっぱり「食べログ」ショップでした。おしいくないのに有名なわけがわかりました。

 モダン焼きは先に紹介した壬生の「あや」さんが美味しい。その場でタップリのキャベツを刻んで、粉を感じさせない食感がみごと。豚肉も紙のように薄いものは使っていない。それと、焼き加減が絶妙で、ベチャッとした食感でなく、生地にはしっかり火が通っていて、ソバまでカリッと焼けています。

 先に紹介した「ボールアンドチェイン」というお店が、ブルースカフェとしては名前負けで、食事もいまいちでした。やはり、学生街ということで、値段を優先して、中身がついていかないのかも知れません。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home