京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Sep 25, 2010

最強パワースポット 島原・原城

 夜更けに原城跡に行くと言ったら、運転手さんに「お客さん止めた方がいいですよ。きっと何か出ますよ」と言われる。旅館で女将さんに懐中電灯を貸してほしいと言うと、女将さんは真っ青です。「今から行くんですか、怖いですよ。止めた方がいいですよ」と言われてしまった。
http://www.miyatasan.com/~yagifau/fujinamiism/harajo.htm

 夜の原城跡は怖かった。本当に怖かった。とにかく広い。島原の乱の跡、幕府によって城は徹底的に解体されて、その後何も整備されていないし、もちろん照明もなし。史跡ですが、公園とはわけが違います。1637年、三ヶ月間の凄惨な戦いの果てに、籠城した3万7千人の反乱軍は、女も子供も老人も皆殺しにされて死体は野ざらしにされました。今でもクロスや人骨が出るそうです。そうして、当時の南島原には一人の農民もいなくなりました。思えばこれほどのパワースポットないですよね。領主にじわじわといびり殺されるか、飢えて死ぬかの瀬戸際に追い込まれていた上に、飢饉が重なって勃発した乱でした。

 決起した農民は、当時16歳だった天才?少年・天草四郎を大将に立てて、無謀な一揆を企てます。その際、四郎を「神父」に見立てて、棄教していた禁制のキリスト教に復帰していきます。農民たちは、幕府に組していた僧や神官を殺害し、寺院や神社を焼き払います。そして仲間の農民に入信を強制します。入信しなければ殺すと脅されて、信徒になっていった農民たちは、やむなく信教を誓わされた、真に救われない人々でした。原城に籠る際、女子供や老人も引き込みました。外に家族を残せば、幕府軍に人質にとられて虐待されるのは明らかだったからです。
http://srtutsu02.hp.infoseek.co.jp/shiro450.html

 おそらく彼らの霊は成仏できないでいるでしょう。クリスチャンを自任した反乱軍でしたが、禁教令のため、正式の神父はすでに殺されたり、追放されたりして、日本には一人もいなかったので、正規に入信することは不可能でした。だから当然ながら、ローマ教会は公式には彼らを信徒とは認めていません。しかもローマ教会は権力者に対する反乱を禁じていましたから、結局彼らの乱は永遠に殉教とは認定されません。正規のキリスト教徒ではなかったのです。自らを信徒と任じて、神のみ元へ行けることを唯一の救いと信じて、虐殺に甘んじた魂は、到底救われる術を持たないのです。こんな悲しいことがあるでしょうか。
http://www.k-moto.net/book32/archives/2006/08/post_281.html

 そんな信教でしたが、自分たちは切支丹と自任していたはずの魂が、夜、私に危害を加えるはずはないと、固く信じていました。風の音とともに、救われない数万の魂たちの呻きを耳にすることはあっても、今の自分にしてあげられることは、ただ祈ってあげることだけでした。信仰をもたない身ですが、このときばかりは、心から祈ったことでした。

 夜の原城跡はこれ以上ない深い闇と、完全な静寂の中にありました。歩いても歩いても、濃密な、生命のない闇と静寂の支配する、辿る道なき彷徨です。森々と怖い。土地の人でさえ、まだ救われない怨霊が、徘徊していると信じているようです。こんなに孤独で恐ろしい時間は、経験したことがなかった。私たちは、都会では、本当の闇の黒さを知りません。トイレに行く以外、真の孤独な時間はまずありません。原城跡こそ、真のパワースポットと呼んでいいのではないかと、真剣に思いました。そして、きっとまた同じ祈りを捧げるために再訪することを誓わせる力のあるスポットでした。
http://www.flickr.com/photos/7294954@N02/5035019313/in/pool-blog_this#/photos/7294954@N02/5035019313/in/pool-419753@N20/

 ところで天草四郎が豊臣秀頼の子だったというのは、本当か?
http://katntunlove.jugem.jp/?eid=2291

http://hp17.0zero.jp/bbs/kiji.php?uid=pikachu1005&dir=363&num=6&th=&unum=1181039160878&m_no=0&admin=
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E9%95%B7%E5%B4%8E/%E5%B3%B6%E5%8E%9F
http://www5a.biglobe.ne.jp/~syuko/backnumber2008-2/index316.html
http://hp17.0zero.jp/bbs/kiji.php?uid=pikachu1005&dir=363&num=6&th=&unum=1181039160878&m_no=0&admin=
http://homepage2.nifty.com/izumokozou/harunosiro.htm

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home