京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Jan 10, 2012

京都のパリ ブーランジュリー&カフェ 「リベルテ」と三月書房

「リベルテ」(075-253-0500)はまずパンがおいしい。パン屋さんだものね。京都市役所に近い、二条寺町を上がってすぐ右手にあります。市バスで市役所前で降りて5分、二条通りをめざします。「食べログ」で紹介されていていやな感じですが、この店のパンは本当にパリで食べるパンの味です。ヤマザキとかチェーン店のパンを食べておられる方には、是非一度おためし願いたい。とくにクロワッサンとフランスパンは絶品です。日本でなかなかパリで食べたクロワッサンに出会えないと思って、諦めていたときに出会った感動が忘れられません

 あまり広くありませんが、二階がカフェになっていて、お店で選んだパンを、コーヒーと一緒に食べることができます。カフェでたのんだカフェオレもフランスの味がします。パリの横町を入ったところにありそうな、そんな雰囲気がしゃれています。月曜が定休日で、一階のパン屋さんは7:00 am 〜 7:00 pm 二階のカフェは8:00 am 〜 ラストオーダー 9:00 pmです。

 お店は内装に凝っていて、トイレすら感動ものです。カランからちょっとした金具まで、なかなかのものです
http://liberte-kyoto.com/

 リベルテへ行ったら、是非もう一軒、お店の数件先の「村上開新堂」へも立ち寄りたい。手焼きのクッキー(お店ではロシアケーキと呼んでいます)屋さんで、お持ち帰り専門です。一枚づつお好みの味のものが買えます。おいしい。甘みは控えめで、添加物のない本物の味です。しっとりとした食感はまさにクッキーだけどケーキです。お土産にもお勧めで、あなたの味覚の信頼を得ることを保障します。
http://www.kaishindo.co.jp/

 ついでに、ここまで来たら「村上開新堂」のお向かいにある小さな書店にも立ち寄りたい。「三月書房」さん。小さな本屋さんですが、ものによっては一千坪の本屋にも負けないと豪語するユニークな品揃えです。そこいらの書店のように、得体の知れないベストセラー本や学参や付録目当てのお嬢様向け雑誌やばかりの本屋さんとはひと味違います。本の好きな人なら、時間が潰れます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sangatu/

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home