京の路地から From Kyoto with Love

Why don't you visit Kyoto to meet something new? 京都は私の空気、水のようなもの。新しい京都、古い京都。その中で、日々綴った、現代の枕草子。

Name:
Location: 京都市, 京都府, Japan

悪戯な好奇心の猿一匹、飼っています。Keeping a curious monkey in my mind.

Mar 18, 2010

「新(ニュー)山王ホテル」、という外国

 土曜日に東京の「新(ニュー)山王ホテル」へ行ってきました。このホテルは特別な施設で、一般の人は入れません。米軍の施設なので、中は外国です。米軍 関係者の紹介があったら入れるのですが、それでも入り口には「100% ID Check」と書かれていて、パスポートなどの提示を求められます。同時多発テロ以降は、セキュリティが一層厳しくなっているようです。
http://www.thenewsanno.com/
http://hanada.de-blog.jp/photos/shouwa/119741124.html

 メトロの広尾駅が最寄りですが、それでも歩いて10分はかかります。タクシーの運転手さんは、ホテルの存在自体を知りません。ナビでも検索でき ないようになっているそうです。中は普通のホテルで、日本のホテルの中では、大阪のリッツ・カールトンに雰囲気が似ています。ホテル内では言葉は英語、通 貨はドルが基本です。カフェでコーヒーを飲むにもドルが必要です。2階の売店は空港の免税店のような雰囲気で、おそらく免税でのショッピングはできないと 思います。1階の売店で尋ねると、そこでは誰でも買い物できるということでしたが、商品は、中国製品の山でした。招き猫などがところ狭しと並べられてい て、京都の新京極を彷彿させる店内です。でも、米軍の施設で、中国製の招き猫を買っても仕方ないですよね。もう少し気の利いたものがあるかと期待していた ので、がっかりしました。

 当日は立食パーティーだったのですが、お料理は日本のホテルの立食よりも豪華です。マグロのステーキと、アスパラガスの茹でたものが美味しかっ た。しかし料理の中身は会費の額によるので、一概には評価できません。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home